自宅でVIO脱毛をした際、起こりうるトラブルをご紹介します。一つは埋没毛です。カミソリや毛抜きで行うときに多く見られるトラブルで、皮膚の下に毛が埋め込まれたような状態を言います。毛穴周辺細胞を傷つけてしまった場合、かさぶたが毛の表面にでき、毛穴が突起します。そうすると埋没毛になってしまうのです。この埋没毛は外見上黒ずみのように見えます。ただ自然に放置しておけば、いずれはなくなりますし、皮膚が柔らかくなるクリームを塗ることで、治癒期間も短くなります。

それから毛嚢炎です。
脱毛した後の毛穴から細菌が入り込み、赤くはれてしまいます。
一見ニキビのように見えますが、炎症を起こし、膿を持っていることもあります。
脱毛する際、器具や手は清潔にしてから行うことで予防できます。
毛嚢炎担ってしまったら消毒をすることが大切です。
VIOは特にデリケートですからトラブルが起こりやすく、毛嚢炎も起こりやすいといわれています。

VIO脱毛で最も多いのが色素沈着です。
毛穴が赤くなる、黒ずみができるのは色素沈着で、これは肌への負担から起こります。
色素沈着をした後は脱毛をやめ、美白剤などで改善を図るようにしましょう。
VIOラインは非常にデリケートで粘膜と隣り合わせ、さらに皮膚が柔らかいため非常に傷つきやすいです。
そのため様々なトラブルが起こりやすく、対処も大変になります。
自己処理をする際は、正しい処理方法を身につけてから行うようにしましょう。

カミソリなどでのVIO脱毛は危険?

VIO脱毛をカミソリなどで行うのには危険が伴います。
自宅で行うVIO脱毛方法には、カミソリ、毛抜き、家庭用の脱毛機、脱毛クリームなどがあります。
しかしいずれも注意しなければ、肌トラブルを引き起こします。
まずカミソリですが、カミソリは要するに刃でムダ毛を削り取っていく方法です。
肌に沿って行いますから、見えないくらいの小さな傷が皮膚にもつきます。
そうすると、傷口から細菌が入り込んで化膿したり、肌にダメージを与えてしまうことがあるのです。

他の方法として上げられる毛抜きは毛穴が開いた状態になりますから、皮膚がどんどんたるんでいきます。
さらに埋没毛や毛嚢炎などが引き起こされる可能性があります。
家庭用の脱毛機の原理は脱毛サロンと変わりませんが、出力を調整するなど、なれないと大変です。
やけどを負うこともあります。
脱毛クリームは大半がVIO脱毛に使用できません。
デリケートゾーンに使用することで、肌荒れを起こしたり、痛みを生じることがあります。

VIO脱毛は脱毛サロンでも慎重に行う部位です。
粘膜部などを避けなければ、後々大きなトラブルになり、次回以降の脱毛ができなくなってしまうためです。
VIO脱毛を行う際は、自己処理の場合は次の脱毛までに十分な期間を空ける、医療機関と提携している脱毛サロンを選ぶなど、最良の方法をとっていきましょう。
正しい方法と手段でVIO脱毛を行うことで、肌へのダメージを軽減し、きれいにVIO脱毛が行えるのです。

ブラジリアンワックス、除毛クリームはVIO脱毛に適している?

VIO脱毛に有効だとして、人気が高まっているのがブラジリアンワックスです。
ブラジリアンワックスはワックスの乗せ方次第で、デザイン脱毛ができるということでも注目を集めています。
またブラジリアンワックスは高価ですし、1回分の容量しかありませんが、肌に優しいとして人気があります。

注意したいのは使用方法を正しく認識することです。
なぜならブラジリアンワックスは、ムダ毛と一緒に皮膚を剥がすことになりますから、一気に引き剥がすとその部分で内出血ができ、ひどければ色素沈着してしまうためです。
しかしブラジリアンワックスは砂糖と蜂蜜が原料ですから、非常に高い安全性を誇っており、デリケートゾーンであるVIOラインに適しているのです。

除毛クリームはムダ毛を根元から抜く、ということはほとんど期待できません。
さらに種類が非常に多いので、きちんと成分表示を確認してから使用しなければ、後々ひどい肌トラブルに見舞われます。
除毛クリームの多くは化学合成物質など、皮膚に強い影響を与えるものを使用しています。
天然素材配合の除毛クリームもありますが、数は極わずかです。
そのため、除毛クリームの成分をしっかり確認せずにVIO脱毛に使うと、肌があれ、炎症を起こしてしまうこともあるのです。
もちろん粘膜に使用することは避けるべきです。
自宅で脱毛効果を得たいなら非常に有効なブラジリアンワックスと除毛クリームですが、注意事項を守り、正しい使用方法を守りましょう。