VIO脱毛で失敗した時の対処法について、失敗例と合わせてご紹介します。まずは全部の毛を処理したら、次に生えてきた毛がまだらになってしまったという失敗例です。Vラインの脱毛は希望の形、たとえばトライアングルや卵型などにしますが、成長期の毛が分からないために、次の毛が思ったように生えてこないことがあります。この際の対処法は、全部処理するのではなく、まず大き目のトライアングルから始めてみて、徐々に範囲を狭めていくという方法です。1回通うとその時点でデザインがある程度決まりますが、脱毛サロンは永久性がありませんので、時間が経てばまたムダ毛が生えてきます。一度まだらになったとしても、特に気にならないという人もいますが、まだらに生える毛を避けたい方は、最初に脱毛士さんに相談するといいでしょう。

似たような失敗例で、最初から全て脱毛したけれど、公開してしまうという事例です。ムダ毛は基本的にコースを終了すると元に戻すことはできません。時間が経つにつれてまた生えてくるとは言え、1~2ヶ月や1年くらいで戻るわけではありませんし、生えてくる毛は薄いです。ですから、1~2回目の施術の段階で、本当に全部脱毛したほうがいいのかどうか考えて見ましょう。まだ1~2回目の段階なら、形を変えたり、元に戻すことは可能です。

それから肌トラブルです。最も多いのはヤケドです。VIOラインは皮膚が柔らかく、痛みも強い部位ですが、トラブルも多い部位です。脱毛サロンの出力は小さいものの、ヤケドを起こすことも稀にあります。脱毛する際、日焼け指定兄ことはもちろんですが、VIOラインの場合は黒ずみや色素沈着によってヤケドになることもありますので、注意が必要です。できるだけ医療機関と提携し、ドクターサポートのある脱毛サロンを利用するようにしましょう。

VIO脱毛を行った方が男性には受けが良いのか?

VIO脱毛が男性にどのような印象を与えるのか、彼氏を持つ女性が実際に感じたことをまとめてみました。この女性は、彼氏ができた頃にはまだVIO脱毛をしていなかったのですが、ムダ毛が濃いことを気にして中々自分を出してお月阿賀で着なかったそうです。そうこうしているうちに最初の彼氏と別れ、また別の彼氏ができたのですが、彼女の剛毛を見た彼氏は、口では平気といっているものの、目は完全に驚いて、泳いでいたそうです。

そんな経験を何度かしてきた女性が感じた、VIO脱毛をしている女性としていない女性への男性の印象をまとめています。まずVIO脱毛をしている場合の男性の反応です。ひとつは清潔感がある、ということがあります。胸毛が多い、剛毛の男性が恋愛対象に入らない女性がいるように、男性も女性に対してVIOラインの剛毛は不潔と感じることがあるようです。それからVIO脱毛をすると女性らしく見えるということがあります。男性の女性へのイメージとして、ムダ毛がないということがあげられます。人の目に付きやすい腕や足、顔、ワキなどはしっかり処理しても、VIOラインはよほどのことがない限り見られませんから、ついつい疎かにしてしまうことが多いようです。しかし男性にしてみると、VIOラインまでしっかり脱毛していてこそ、女性らしいと思えるようです。逆にVIO脱毛をしていない女性に対して抱く印象をご紹介します。VIO脱毛をしていない場合、いい加減な性格、女性らしくない、大雑把、百年の恋もいっぺんに冷める、不衛生ということがあげられます。実際、VIO脱毛をすると、衛生的、という専門家の意見もありますから、VIO脱毛をすることで男性受けが良くなることはもちろん、女性の体にもメリットが生まれるのです。